2022年訪日外客数(2022 年 12 月および年間推計値)

1月18日リリースされた日本政府観光局(JNTO)の発表によると、2022年訪日外客数は3,831,900人でCOVID-19の前の2019年対比10%の回復にとどまっているが、2021年比15.6倍増加している。
airport, woman, flight-2373727.jpg

1月18日リリースされた日本政府観光局(JNTO)の発表によると、2022年訪日外客数は3,831,900人でCOVID-19の前の2019年対比10%の回復にとどまっているが、2021年比15.6倍増加している。

2022年10月から本格的な外国人受け⼊れ再開が始まり、韓国からの観光客が大幅増えている現象が特に目立った。円安や増便の背景に加え、リベンジ旅行を求めるMZ世代の爆発的な需要がその重要な原因の一つである。

年別 訪日外客数の推移

No Data Found

2022年 月別 訪日外客数

No Data Found

More Posts

2023年10月訪日来客数

10月の訪日外国人観光客数は、2019年同月比で100.8%増の2,516,500人に達し、新型コロナウイルス感染拡大後初めて2019年同月を上回りました。

2023年9月訪日来客数

2023年9月、訪日外国人観光客数は前年同月比96.1%増の2,184,300人で、回復が進みつつあります。特にシンガポールや米国からの訪日客が増加し、国際線定期便も回復しています。15市場で過去最高を記録し、今後は持続可能な観光と地域への誘客に焦点を当てたプロモーションを展開します。

2023年8月訪日来客数

2023年8月の訪⽇外客数は、2019 年同月比 85.6%の 2,156,900 人となった。回復率では前月を上回り、新型コロナウイルス拡大後初めて 8 割を超えた。

2023年7月訪日来客数

2023年7月、日本の訪日外客数は、2019年同月比で77.6%減の2,320,600人となり、中国を除く総数は2019年同月比103.4%増となっています。東アジアでは増加傾向にあり、西欧・オーストラリア・中東地域では特に米国とカナダが成長の要因となっています。国際線の航空便は2023年夏には60%の水準まで回復し、その後も東アジアの便が増えています。新たな観光立国計画に基づき、観光地と産業で持続可能な収益を上げ、地域誘客や消費拡大を進める努力が必要です。

Join Our Newsletter

インバウンド情報や関連ニュースをまとめて定期配信いたします